特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

ウィシュマさん誕生日に追悼行事 妹「もう少し一緒にいたかった」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
納められたウィシュマさんの遺灰や辞書の前で手を合わせる妹のポールニマさん=愛知県愛西市の明通寺で2021年12月5日午後1時58分、和田浩明撮影
納められたウィシュマさんの遺灰や辞書の前で手を合わせる妹のポールニマさん=愛知県愛西市の明通寺で2021年12月5日午後1時58分、和田浩明撮影

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で収容中、3月に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の誕生日の5日、遺骨が納められている愛知県愛西市の明通寺で追悼行事があった。参列した妹ポールニマさん(27)は「生きていれば、今日は楽しみ喜ぶ日だったろう。二度とこんなことが起きないようにしてほしい」と、時折涙を流しながら話した。【和田浩明/デジタル報道センター】

 ウィシュマさんの遺骨は、スリランカに縁がある明通寺に納められている。誕生日に合わせて営まれた追悼行事には、ポールニマさんと、遺族の代理人を務める指宿昭一、駒井知会両弁護士らが参列。スリランカに残る遺族から届けられた、ウィシュマさんが生前大事にしていたという英語とシンハラ語の辞書を前に、手を合わせた。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1102文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集