特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

三菱重工West・山口監督「先制初回もう1、2点あれば」都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【神戸市・高砂市(三菱重工West)-東京都(東京ガス)】五回裏東京都2死一、三塁、加藤が左前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月5日、北山夏帆撮影
【神戸市・高砂市(三菱重工West)-東京都(東京ガス)】五回裏東京都2死一、三塁、加藤が左前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月5日、北山夏帆撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第8日の5日、東京ドームで2回戦があり、3年ぶり22回目出場の東京都・東京ガスが、2年ぶり37回目出場の神戸市・高砂市の三菱重工Westを5―1で降し、準々決勝に進んだ。試合後の三菱重工West・山口敏弘監督のコメントは以下の通り。

神戸市・高砂市・山口敏弘監督

 先制できた初回にもう1、2点取れていたら。先発は今年成長した湯川に託したが、本来の投球ができなかった。

 二回以降は相手の高橋投手、三宮投手らから、安打は出るが適時打がなかなか出なくて1点に抑えられた。うちの(2番手)川瀬投手は五回2死走者なしからの失点が痛かった。球はいい球を投げていた。(先発の起用理由は)もちろん、森の先発も中3日なので十分考えられるが、湯川がここ1年で非常に成長した。大きな舞台を経験させたいという思いもあった。こういう緊迫した場面で自分の投球ができるようになってほしい。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文596文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集