特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

大阪ガス・高橋拓已、無念 最多出場の名門から補強も… 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大阪市(大阪ガス)-千葉市(JFE東日本)】七回裏千葉市1死満塁、山田和に先制点となる押し出しの死球を与えた大阪市の2番手・高橋拓=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影
【大阪市(大阪ガス)-千葉市(JFE東日本)】七回裏千葉市1死満塁、山田和に先制点となる押し出しの死球を与えた大阪市の2番手・高橋拓=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会第8日は5日、東京ドームで2回戦が行われ、大阪市・大阪ガスは千葉市・JFE東日本に0―1で敗れた。都市対抗最多出場を誇る日本生命から補強されたエースが、大阪市のピンチを救うために登板した。

 大阪市が補強した日本生命の高橋拓已は、本大会最多61回出場の名門でエースを張る5年目左腕。今大会初登板は互いに無得点で迎えた七回1死二塁の場面だった。1点も与えられないピンチでの起用だったが「こういう状況で投げるための補強選手」と覚悟を決めて臨んだ。

 だが、硬さから千葉市の6番・猪田和希にストレートの四球を与え、続く関龍摩に左前打を浴びたのが痛かった。追い込んでから併殺打を打たせようと投じたカットボールが甘く入…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文853文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集