特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT東日本が2年連続の8強進出 TDKを降す 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】二回裏東京都1死一塁、先制の適時二塁打を放つ長沢=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】二回裏東京都1死一塁、先制の適時二塁打を放つ長沢=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第8日の5日、東京ドームで2回戦があり、6年連続45回目出場で前回大会準優勝の東京都・NTT東日本が、2年連続16回目出場のにかほ市・TDKを3―1で降し、2年連続で準々決勝に進んだ。東京都・NTT東日本は史上3チーム目の通算70勝に到達した。

 東京都が競り勝った。1―1で迎えた七回1死二、三塁から下川の犠飛で勝ち越すと、さらに相手の暴投を誘って加点した。投げては先発・片山が六回途中1失点と試合を作り、以降は小刻みなリレーで流れを渡さなかった。にかほ市は六回に北畠のソロで同点としたが、好機であと一本が出ず。リリーフ陣も踏ん張れなかった。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文529文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集