特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東京ガス、攻撃的な2番打者の存在感 監督の理想像 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【神戸市・高砂市(三菱重工West)-東京都(東京ガス)】五回裏東京都2死一塁、小野田の適時二塁打で生還する楠。捕手は拾尾=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影
【神戸市・高砂市(三菱重工West)-東京都(東京ガス)】五回裏東京都2死一塁、小野田の適時二塁打で生還する楠。捕手は拾尾=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会第8日は5日、東京ドームで2回戦が行われ、東京都・東京ガスが神戸市・高砂市・三菱重工Westを5―1で降し、準々決勝に進んだ。5年ぶりの8強入り。東京都の強力打線のキーマンが、輝きを放った。

 打順に込めたチームの狙いが垣間見えた。1点を先制された直後の一回裏、東京都の反撃は先頭打者の四球で始まった。無死一塁で左打席に入ったのは、3年目の2番・楠研次郞。犠打が定石ともいえる場面だが、東京都の山口太輔監督はこう断言する。「バントは考えていなかった」

 その狙いは何か。東京都は長打力を備える打者が並ぶ強力打線だ。2番に楠を起用する山口監督は「一回…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文974文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集