特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT東、高卒新人が好投 名前は「らいく=Like」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】力投する東京都の先発・片山=東京ドームで2021年12月5日、佐々木順一撮影
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】力投する東京都の先発・片山=東京ドームで2021年12月5日、佐々木順一撮影

 第92回都市対抗野球大会は第8日の5日、東京ドームで2回戦があり、前回大会準優勝の東京都・NTT東日本が、にかほ市・TDKを3―1で降し、2年連続で準々決勝に進んだ。先発を託された高卒新人は、名前に込められた思いを表現するかのようにマウンドで輝いた。

 さすがに緊張をぬぐえなかった。東京都の右腕・片山楽生(らいく)は、一回の先頭打者にいきなり2ボールとし、「自分の中で一番したくなかったカウントで球を置きにいってしまった」という。3ボール、1ストライクからの5球目。特大の左飛を浴びたが、左翼手がフェンス手前で捕ると、19歳はホッとしたような苦笑いを浮かべた。

 その後は伸びのある140キロ台の直球を主体に粘りの投球を見せた。六回1死から同点ソロ本塁打を浴びて悔しそうに降…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1076文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集