特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

単なる偶然ではない JFE東・山田和哉、値千金の死球 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪市(大阪ガス)-千葉市(JFE東日本)】七回裏千葉市1死満塁、先制点となる押し出しの死球を受け、拳を固める山田和=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影
【大阪市(大阪ガス)-千葉市(JFE東日本)】七回裏千葉市1死満塁、先制点となる押し出しの死球を受け、拳を固める山田和=東京ドームで2021年12月5日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会第8日は5日、東京ドームで2回戦が行われ、千葉市・JFE東日本が日本選手権連覇中の大阪市・大阪ガスを1―0で破り、準々決勝に進んだ。息つまる投手戦の決勝打点は、新人の「左肘」から生まれた。

 「値千金」という言葉がある。野球では1点差ゲームの決勝打などを形容する場合が多いが、大阪市を破った千葉市にとっての値千金は「押し出し死球」だった。両チーム無得点で迎えた七回1死満塁、ルーキーの山田和哉は左肘に死球を受けた直後、派手なガッツポーズ。これも珍しい光景だ。胸の内を聞きたくなった。

 「観客側だった2年前から…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1010文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集