連載

ワールドスポーツの扉

世界の舞台で、夢の扉を開いた日本のアスリートがいます。活躍の背景にあるものとは。ワールドスポーツの今を掘り下げます。

連載一覧

ワールドスポーツの扉

ラグビー姫野和樹、大リーグ大谷翔平から受けた刺激 2人の共通点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今秋のオーストラリア戦の前半、タックルを受けながら前進する姫野=昭和電工ドーム大分で2021年10月23日、津村豊和撮影
今秋のオーストラリア戦の前半、タックルを受けながら前進する姫野=昭和電工ドーム大分で2021年10月23日、津村豊和撮影

 ラグビー日本代表は今秋、アイルランドに大敗するなどもどかしい試合が続いた。新型コロナウイルスの影響で代表活動の機会が減り、やむを得ない面もある。強化の頼みは、個々人に委ねるしかないのか。今年ニュージーランド(NZ)で新人賞を獲得したFW姫野和樹(27)=トヨタ=の言葉から、日本選手が世界で戦うヒントを探る。

この記事は有料記事です。

残り1550文字(全文1705文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集