特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT東日本史上初の10代投手・片山楽生に投手陣発奮 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】東京都先発の片山=東京ドームで2021年12月5日、宮間俊樹撮影
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】東京都先発の片山=東京ドームで2021年12月5日、宮間俊樹撮影

 第92回都市対抗野球大会第8日は5日、東京ドームで2回戦が行われ、前回大会準優勝の東京都・NTT東日本が、にかほ市・TDKを3―1で降し、2年連続で準々決勝に進んだ。東京都が取った継投策が、流れを決定付けた。

 試合には流れがあり、勝負にはあやがある。昨年準優勝の試合巧者、東京都が勝利の糸口を逃さずものにしたのは、七回に見せた執念の継投からだった。

 六回、それまで被安打1と好投していた19歳の新人・片山楽生(らいく)が痛恨のソロを被弾し、追いつかれた。その裏、東京都は1死一、二塁の好機をものにできなかった。流れは相手に傾きかねない。勝負どころと読んだ…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文721文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集