連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

追悼 寄席の爆笑王・川柳川柳さん ガーコンを忘れない 平和への思い 軍歌、ジャズにのせ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
浅草演芸ホール近くの路地でビールを飲む落語家の川柳川柳さん=東京・浅草で2014年、丸山博撮影
浅草演芸ホール近くの路地でビールを飲む落語家の川柳川柳さん=東京・浅草で2014年、丸山博撮影

 テレビじゃめったにお目にかかれなかったが、90歳で亡くなった落語家の川柳(かわやなぎ)川柳(せんりゅう)さんは寄席の爆笑王だった。軍歌からジャズへ、自慢のノドを披露しながら、敗戦でころっと変わった日本の世相を笑いのネタにした。8日で真珠湾攻撃から80年になる。あの明るくもほろ苦い、唯一無二の川柳落語はもう聞けないのか――。

 あれは2014年5月のこと。永田町では安倍晋三首相が集団的自衛権の行使をめぐって憲法解釈の変更を急いでいた。私は浅草にいた。日も暮れ、高座をつとめあげたばかりの川柳さん、浅草演芸ホールそばの居酒屋でのどを潤しておられた。無類の酒好きで知られる。ジョッキのビールを飲み干したと思ったら、ウーロンハイのダブルをがぶがぶ。「ま、中国が急に台頭してきた。北朝鮮も不気味だ。戦前の日本みたいに軍部が力をもって…

この記事は有料記事です。

残り2529文字(全文2892文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集