特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オミクロン株で岸田首相「最悪を想定」3回目接種は前倒し 所信表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で所信表明演説をする岸田文雄首相(手前)=国会内で2021年12月6日午後2時3分、竹内幹撮影
衆院本会議で所信表明演説をする岸田文雄首相(手前)=国会内で2021年12月6日午後2時3分、竹内幹撮影

 岸田文雄首相は6日、衆院本会議で所信表明演説を行い、新型コロナウイルス「オミクロン株」の国際的な感染拡大を踏まえ、「大事なのは最悪の事態を想定することだ」と強調し、「13兆円規模の財政資金を投入し、感染拡大に備える」と表明した。

 首相は全世界を対象に外国人の入国を原則禁止した措置を挙げ「状況が分からないのに慎重すぎるとの批判は私がすべて負う覚悟だ」と理解を求めた。

 国内の新型コロナ対策として「次の感染拡大を見据えた医療提供体制の確保」を進める意向を強調。ワクチン接種について「オミクロン株への効果等を一定程度見極めたうえで、追加承認されるモデルナを活用して、8カ月を待たずにできる限り前倒しする」と述べた。無料のPCR検査を拡充する意向を示し、飲み薬の年内の薬事承認も目指す方針も表明した。感染症対策の強化に向け「来年6月までに司令塔機能の強化を含めた抜本的体制…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文776文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集