川勝知事、差別の意図否定 “女性蔑視”発言「言葉足らず」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
川勝平太・静岡県知事
川勝平太・静岡県知事

 6月の静岡県知事選の期間中に開いた集会で、女性蔑視ともとられかねない発言をした川勝平太知事は、6日の県議会一般質問で「内面が輝いている学生が多く、美しいと思ったが、言葉足らずだった」と述べ、差別する意図はなかったとした。2日の定例記者会見で発言の謝罪と撤回をしたが、「内容は支離滅裂で日本語になっていない」などとの見解を示し、発言の意図は説明していなかった。

 一般質問で自民党県連の木内満政調会長は「支離滅裂で日本語の体をなしていないものではない」と指摘。川勝知事の発言について、「外見至上主義や性差、職業、学歴への差別的意識が露呈したもの」と非難した。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文690文字)

あわせて読みたい

ニュース特集