伊達政宗がつかった石風呂でゆったり 文人も愛した名湯の宿

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夕暮れ時に明かりがともった青根御殿
夕暮れ時に明かりがともった青根御殿

 温泉につかれば、名将政宗の気分――。東北きっての武将といえば伊達政宗である。政宗ら仙台藩主御用達の温泉宿が宮城県にある。青根温泉の湯元不忘閣だ。幾多の歴史を刻み、文化財級の建物が林立する名宿はかつて文人にも愛された。政宗もつかった名湯の宿とは――。【大谷麻由美】

一番の自慢は「歴史と温泉」

 伊達政宗をこれほどまでに身近に感じたことがあっただろうか。「政宗も入った石組みの湯船」で温泉につかると、ゆったりとした気分とともに「政宗と裸の付き合いに……」と変な感慨が増してくる。

 青根温泉は、宮城と山形にまたがる蔵王山麓(さんろく)に位置し、湯元不忘閣は歴代仙台藩主の保養所だった。1606年に滞在した政宗が「この感激と喜びを忘れないように」と「不忘」と名付けたことがその名の由来とされる。

この記事は有料記事です。

残り2419文字(全文2762文字)

あわせて読みたい

ニュース特集