特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

黒獅子の目

怖いもの知らずの新人たち 「都市対抗の重圧」でさらなる飛躍を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】力投する東京都の先発・片山=東京ドームで2021年12月5日、佐々木順一撮影
【にかほ市(TDK)-東京都(NTT東日本)】力投する東京都の先発・片山=東京ドームで2021年12月5日、佐々木順一撮影

 東京都・NTT東日本が、にかほ市・TDKを破った5日の試合前のこと。東京都の元監督、森二郎さんに会ったら「片山、いいよ。立ち上がりさえ切り抜ければ(長いイニング)行っちゃうよ」と自信たっぷり。

 片山楽生(らいく)はスピードスケートで有名な北海道・白樺学園高から今春入った19歳の右腕。チーム史上初となる10代の先発投手は森さんの予想通り、六回途中まで1失点の好投で勝利に貢献した。東京都の飯塚智広監督は「期待半分、不安半分」と起用を振り返ったが「勝算あり」が本音とみた。

 今大会も多くの新人が都市対抗デビューを果たした。仙台市・JR東日本東北では、九回にサヨナラ勝ちを収めた2回戦で、大西蓮が適時打、金沢龍介は決勝の犠飛と、新人2人が躍動した。

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文802文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集