特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東邦ガス・山田監督「狙い球絞ったが捉えられなかった」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-名古屋市(東邦ガス)】四回表大津町無死、稲垣(奥)に先制本塁打を打たれ、打球の行方を追う名古屋市の先発・坂巻=東京ドームで2021年12月6日、滝川大貴撮影
【大津町(ホンダ熊本)-名古屋市(東邦ガス)】四回表大津町無死、稲垣(奥)に先制本塁打を打たれ、打球の行方を追う名古屋市の先発・坂巻=東京ドームで2021年12月6日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第9日の6日、東京ドームで準々決勝があり、6年連続15回目出場の大津町・ホンダ熊本が、5年連続15回目出場の名古屋市・東邦ガスを2―1で降し、第74回大会(2003年)以来18年ぶりとなる準決勝進出を果たした。試合後の東邦ガス・山田勝司監督のコメントは以下の通り。

 投手陣の好投に応えられなかった。(相手先発の福田は)予想よりもボールが来て、狙い球を絞ったが捉えられなかった。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文479文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集