特集

ニュース|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会の最新記事です。

特集一覧

広島ドラ5、東邦ガス・松本竜也「赤に縁がある人生」 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-名古屋市(東邦ガス)】好投した名古屋市の3番手・松本=東京ドームで2021年12月6日、前田梨里子撮影
【大津町(ホンダ熊本)-名古屋市(東邦ガス)】好投した名古屋市の3番手・松本=東京ドームで2021年12月6日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会第9日は6日、東京ドームで準々決勝が行われ、名古屋市・東邦ガスは大津町・ホンダ熊本に1―2で敗れた。敗れはしたものの、プロ野球・広島入りを控えた補強の右腕が救援のマウンドに上がり、一足先に真っ赤なユニホームで圧巻の投球を見せた。

 プロ向きな強気な性格を投球で見せつけたのは七回だった。2死から四球と単打、申告敬遠で満塁のピンチを招き、右打席に入ったのは、本塁打を放っている大津町の4番・古寺宏輝。名古屋市3番手の松本竜也はそれでも涼しい顔をしていた。初球から真っすぐを5球続けてフルカウントになると、続く6球目は際どい内角直球で攻めファウル。最後は外のカットボールで中飛に仕留めた。

 ホンダ鈴鹿からの補強。奈良・智弁学園高卒…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文876文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集