特集

ニュース|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会の最新記事です。

特集一覧

ホンダ熊本、秘策がさく裂 救援・福田大輔を先発に 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-名古屋市(東邦ガス)】力投する大津町の先発・福田=東京ドームで2021年12月6日、佐々木順一撮影
【大津町(ホンダ熊本)-名古屋市(東邦ガス)】力投する大津町の先発・福田=東京ドームで2021年12月6日、佐々木順一撮影

 第92回都市対抗野球大会第9日は6日、東京ドームで準々決勝が行われ、大津町・ホンダ熊本は名古屋市・東邦ガスを2―1で降し、第74回大会以来、18年ぶりに準決勝へ駒を進めた。大津町の用意した「サプライズ」が次々に決まった。

 敵を欺くにはまず味方から、ということか。前回大会で阻まれた4強の壁の前で、大津町・渡辺正健監督が策を用意した。先発に指名したのはリリーフ専門職の右横手・福田大輔。これが面白いようにはまった。

 「正直ちょっと差し込まれましたね」。前日に先発を告げられた福田はその時の心境を苦笑いで振り返る。無理もない。今季先発したのは1度だけ。大会前に「万が一があるかも」と渡辺監督から言われていたが、それが大一番でやってくるのは想定外だっただろう。

 その福田自身も「サプライズ」を用意していた。…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文838文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集