来夏参院選、候補者乱立か 福島選挙区 現職、元職が出馬意欲 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2022年夏の参院選福島選挙区(改選数1)の候補者擁立に向けた動きが活発になっている。自民党県連、立憲民主党県連がそれぞれ擁立を急ぐ中、16年選で野党統一候補として出馬し、のちに参院自民会派入りした無所属現職の増子輝彦氏(74)や、自民から出馬し増子氏に敗れた元職の岩城光英氏(72)が出馬に意欲を見せている。候補者が乱立する様相もあり、保守分裂や競合する支持層の奪い合いになる可能性がある。【寺町六花、磯貝映奈、熊田明裕、柿沼秀行】

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1640文字)

あわせて読みたい

ニュース特集