特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

学石男女主将、知事に健闘誓う 「チーム一丸、全力で」 /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
内堀雅雄知事(中央)に都大路での健闘を誓う学法石川高校男子の藤宮歩主将と、女子の小島彩乃主将ら=福島県庁で2021年12月6日、磯貝映奈撮影 拡大
内堀雅雄知事(中央)に都大路での健闘を誓う学法石川高校男子の藤宮歩主将と、女子の小島彩乃主将ら=福島県庁で2021年12月6日、磯貝映奈撮影

 京都市で26日に行われる男子第72回・女子第33回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に出場する学法石川の男女主将らが6日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事に都大路での健闘を誓った。

 学法石川の全国大会出場は、男子が11年連続13回目、女子が9年連続9回目。男子の藤宮歩主将(3年)は「都大路の優勝にふさわしいチームになってきたと思う。チーム一丸となって全力を尽くしたい」、女子の小島彩乃主将(同)は「残り少ない日数だが、一人一人が高い意識を持って練習し、目標である男女アベック優勝を達成したい」とそれぞれ抱負を語った。内堀知事は「(コロナ禍の)こういう時期なので健康管理に注意して、ぜひ上位進出を目指してほしい」と激励した。

 その後、一行は毎日新聞福島支局(福島市)を訪問し、全国大会での活躍を誓った。【磯貝映奈】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集