特集

18歳成人

成人年齢が18歳に引き下げられます。自らの生き方を選択できるようになる一方、大人としての責任も求められます。

特集一覧

18歳成人式「2部」 切り離し「同等支援できぬ」 伊賀市長が意向 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 伊賀市の岡本栄市長は6日の定例記者会見で、2023年5月4日に予定している「18歳成人式」で、成人式に引き続いて新成人の実行委員会が主体の「2部」が開催される場合は「いろいろサポートしましょう」と述べた。時間をおいて20歳になってから実行委が行う場合などは「同等のことはできない」と差を生じさせる考えを明らかにした。

 岡本市長は民法改正による成年年齢の引き下げに伴う成人式後の実行委の行事は「新成人ですから」として、現在の伊賀市で開かれている20歳成人式の「2部」に対する市の財政的支援を「今まで通り」適用する姿勢を見せた。市教委によると、これまでは実行委が企画した2部の経費で新成人の負担はなかった。

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文437文字)

【18歳成人】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集