特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

輝け町の宝、世羅高 応援イルミ点灯 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
世羅の全国高校駅伝優勝を願って輝くイルミネーション=世羅町本郷で、渕脇直樹撮影 拡大
世羅の全国高校駅伝優勝を願って輝くイルミネーション=世羅町本郷で、渕脇直樹撮影

 男子第72回・女子第33回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に出場する世羅の男女選手を応援するイルミネーションが、世羅町本郷の本郷交差点付近で点灯されている。

 横13メートル、高さ4メートル。男子11回目、女子3回目の全国制覇を願う「せら高 めざせV11V3」の赤や黄色の文字が午後5時半~10時に浮かび上がる。

 設置した町商工会大田支部の上野悟会長は「世羅高は町の宝。アベックで連覇を成し遂げてほしい」と期待。願いがかなった場合、「めざせ」の文字は「祝」に差し替える予定だ。

 大会は26日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで行われる。選手は16日に校内の壮行会に参加して教師や生徒の激励を受けた後、23日に出発する。【渕脇直樹】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集