特集

公明党

公明党に関するページです。

特集一覧

公明、「敵基地攻撃」所信表明にいらだち 重視法案先送りも不満

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で所信表明演説をする岸田文雄首相(手前左)=国会内で2021年12月6日午後2時20分、竹内幹撮影
衆院本会議で所信表明演説をする岸田文雄首相(手前左)=国会内で2021年12月6日午後2時20分、竹内幹撮影

 岸田文雄首相が6日の所信表明演説で「敵基地攻撃能力」保有の検討を表明したことで、公明党がいらだちを募らせている。同能力保有に慎重な公明だが、首相が与党協議に先んじて前のめりな姿勢を見せたことで焦燥感を強める。来夏の参院選に向け成果を強調したい公明だが、同党が重要視してきた当選無効となった国会議員に歳費返納を義務づける法案の提出も先送りされる見通し。党内の不満がたまりつつある。

 首相は6日の演説で「国民の命と暮らしを守るため、敵基地攻撃能力も含め、あらゆる選択肢を排除せず現実的に検討する」と宣言し、1年かけて外交・防衛政策の基本指針「国家安全保障戦略」や防衛大綱などの改定を進める考えを示した。

 敵基地攻撃能力の保有については、公明の山口那津男代表はこれまで「古めかしい議論」と…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1028文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集