栄養失調の子供支援、途上国に3000億円 岸田首相が表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「東京栄養サミット2021」で演説する岸田文雄首相=東京都千代田区で2021年12月7日午後8時7分(代表撮影)
「東京栄養サミット2021」で演説する岸田文雄首相=東京都千代田区で2021年12月7日午後8時7分(代表撮影)

 岸田文雄首相は7日、日本政府主催で同日開幕した「東京栄養サミット」で講演し、栄養失調に陥っている途上国の子供らを支援するため今後3年間で3000億円以上の資金支援を行うと表明した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の猛威に苦しむアフリカ諸国に約1000万回分のワクチンを提供する考えも明らかにした。

 首相は栄養不足で1億4000万人以上の子供が発育阻害の状態にある一方、栄養過多により約20億人が糖尿病など食生活関連の病気に苦しんでいる現状を説明。「栄養不足と栄養過多という『栄養不良の二重負荷』は世界共通の問題だ」と訴えた。支援資金は途上国の医療体制充実や魚の乱獲対策など「持続可能な食料システム」構築にも充てる。ワクチンは国内で今後生産する英アストラゼネカ製をワクチン供給の国際枠組み「COVA…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文485文字)

あわせて読みたい

ニュース特集