特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東京ガス、5年ぶりベスト4 ENEOSに逆転勝ち 都市対抗野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEОS)-東京都(東京ガス)】四回裏東京都無死一塁、同点の2点本塁打を放ち、ベンチで祝福される小野田(中央左)=東京ドームで2021年12月7日、滝川大貴撮影
【横浜市(ENEОS)-東京都(東京ガス)】四回裏東京都無死一塁、同点の2点本塁打を放ち、ベンチで祝福される小野田(中央左)=東京ドームで2021年12月7日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第10日の7日、東京ドームで準々決勝があり、3年ぶり22回目出場の東京都・東京ガスが、2年連続51回目出場の横浜市・ENEOSを4-3で降し、第87回大会(2016年)以来5年ぶりとなる準決勝進出を決めた。

   ◇

 東京都が逆転勝ち。2点を追う四回無死一塁、小野田の左越え2ランで同点とすると、満塁の好機に押し出しの四球と犠飛でこの回4点を挙げた。投手陣は3番手の右腕・臼井への早めの継投が功を奏し、接戦を制した。横浜市は六回に山崎の右越えソロで1点差に詰め寄ったが、後が続かなかった。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文874文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集