特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

栄光もどん底も知るENEOS・山崎 今大会初安打が本塁打 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEOS)-東京都(東京ガス)】六回表横浜市無死、右越え本塁打を放ち祝福される山崎(右)=東京ドームで2021年12月7日、前田梨里子撮影
【横浜市(ENEOS)-東京都(東京ガス)】六回表横浜市無死、右越え本塁打を放ち祝福される山崎(右)=東京ドームで2021年12月7日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会は第10日の7日、東京ドームで準々決勝があり、横浜市・ENEOSは、東京都・東京ガスに3―4で惜敗。準決勝進出はならなかったが、入社4年目までの若手が約8割を占めるチームで、栄光もどん底も知る山崎錬が背中で引っ張った。

 2点を追う六回。先頭で左打席に入ると、嫌なムードを吹き飛ばした。2―1から、内角低めの直球をフルスイングすると右翼席へ。今大会初ヒットがホームランとなった。淡々とダイヤモンドを回りベンチに戻ると、打席で感じ取った東京都の3番手右腕・臼井浩の状態などをチームメートにアドバイス。頼れるベテランの姿を見せた。

 2013年に連覇を成し遂げた横浜市の大久保秀昭監督が絶大なる信頼を寄せる9年目。16年から4年連続で都市対抗から遠ざかるチームの再建を託された大久保監督が19年12月に復帰し、ずっと頭に残っている言葉がある。「錬が打ったら…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文845文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集