特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東京ガス・小野田、ミス挽回の同点弾 早大出身のスラッガー 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEОS)-東京都(東京ガス)】四回裏東京都無死一塁、小野田が同点となる2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月7日、滝川大貴撮影
【横浜市(ENEОS)-東京都(東京ガス)】四回裏東京都無死一塁、小野田が同点となる2点本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月7日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会は第10日の7日、東京ドームで準々決勝があり、東京都・東京ガスが、横浜市・ENEOSに4―3で逆転勝ちし、ベスト4進出を決めた。相手に傾きかけた流れを引き戻したのは、頼れるスラッガーの一振りだった。

 並々ならぬ気持ちで臨んだ打席で、チームを救った。東京都の3番・小野田俊介が、チームの反撃ムードを呼び起こす豪快なアーチを放った。2点を先制された直後の四回裏、無死一塁で右打席に入ると、1―0からの2球目、真ん中近くのボールを逃さない。迷いなく振り抜いた打球は、左翼席中段に突き刺さった。勢い付いた打線はさらに2点を追加。この回一挙4点で試合をひっくり返した。

 本塁打の前触れは、相手に先制を許した四回表の守備だったかもしれない。2死一、三塁で…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文831文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集