特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

わずか1球で先発投手が緊急降板 東京ガスベンチで何が 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEОS)-東京都(東京ガス)】一回表横浜市無死、金子に1球を投じ左前打を打たれた後、降板する東京都の先発・益田(左から2人目)=東京ドームで2021年12月7日、津村豊和撮影
【横浜市(ENEОS)-東京都(東京ガス)】一回表横浜市無死、金子に1球を投じ左前打を打たれた後、降板する東京都の先発・益田(左から2人目)=東京ドームで2021年12月7日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会は第10日の7日、東京ドームで準々決勝があり、東京都・東京ガスが、横浜市・ENEOSに4―3で逆転勝ちし、5年ぶりのベスト4進出を決めた。先発投手の「わずか1球で降板」という緊急事態を乗り切った。

 試合開始早々、先頭打者が初球を見事に打ち返せばスタンドが盛り上がるのは当然だ。だがその直後、まさかのアクシデントに一瞬、球場全体に緊張した空気が流れた。

 東京都は先発した新人の益田武尚投手が、初球を左前打された。その直後…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文960文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集