特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT東日本の喜納淳弥 強者のプライドを示すアーチ 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(NTT東日本)-千葉市(JFE東日本)】五回表東京都2死、喜納が勝ち越し本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月7日、滝川大貴撮影
【東京都(NTT東日本)-千葉市(JFE東日本)】五回表東京都2死、喜納が勝ち越し本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月7日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会は第10日の7日、東京ドームで準々決勝があり、前回準優勝の東京都・NTT東日本が延長十一回タイブレークの末に7―5で2019年大会覇者の千葉市・JFE東日本を破った。東京都は強豪としての自負を胸にベテランが奮闘した。

 都市対抗で2017年は黒獅子旗、20年が白獅子旗(準優勝旗)。結果が示すように近年、常に社会人球界をリードしてきた東京都・NTT東日本の屋台骨を支えてきた男が、1本塁打を含む3安打2打点と打力を示した。

 両チーム無得点で迎えた三回2死一、二塁。左打席には今年で29歳となった7年目の5番・喜納(きのう)淳弥。初球から2球連続で来た外角スライダー。見逃しと空振りで追い込まれた。

 相手バッテリーは3球目も外角低めへのスライダーを選択。だが、…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文599文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集