特集

JR東日本|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会に出場するJR東日本の紹介です。

特集一覧

第92回都市対抗野球

東京ガス、逃げ切る 四回集中打、一気の逆転劇 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEОS-東京ガス】四回裏東京ガス無死一塁、同点の2点本塁打を放ち、ベンチで祝福される小野田俊介(中央左)=東京ドームで、滝川大貴撮影
【ENEОS-東京ガス】四回裏東京ガス無死一塁、同点の2点本塁打を放ち、ベンチで祝福される小野田俊介(中央左)=東京ドームで、滝川大貴撮影

 東京ガスの先発は新人の益田武尚だったが、脇腹に違和感があり1球で緊急降板。明治安田生命からの補強選手・三宮舜が急きょマウンドに立ち、落ち着いたピッチングで序盤を0点に抑えた。

 試合が動いたのは四回。ENEOSに2点を先制された直後の攻撃で、2番楠研次郎がセンター前にはじき返すと、続く3番小野田俊介が左スタンドに2点本塁打を放ち、同点とした。さらに5番加藤雅樹、6番笹川晃平の連打と四球で満塁とし、押し出しで1点勝ち越しに成功。続く9番北本一樹の犠飛でさらに1点を追加した。

 五回には、エースの臼井浩(いさむ)が登場。六回には一発を浴びるも、その後は140キロ後半の直球を中心にテンポの良い投球で要所を締め、5年ぶりの4強をたぐり寄せた。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文819文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集