特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

岸田首相「気持ちは受け止めた」 入管施設死遺族の手紙を読んで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で代表質問をする立憲民主党の泉健太代表(手前)。奥右は岸田文雄首相=国会内で2021年12月8日午後1時15分、竹内幹撮影
衆院本会議で代表質問をする立憲民主党の泉健太代表(手前)。奥右は岸田文雄首相=国会内で2021年12月8日午後1時15分、竹内幹撮影

 岸田文雄首相は8日の衆院本会議で、名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で収容中に死亡したスリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさんの遺族が10月に送った手紙を読んだことを明かした。首相は「ご遺族の気持ちはしっかりと受け止めた」と語ったが、遺族が手紙で求めた監視カメラ映像の全面開示については「法務省で法令にのっとり対応しており…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集