法隆寺でお身ぬぐい 1年のほこり落とし仏様もすっきり 奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
師走恒例の「お身ぬぐい」で仏像などにたまったほこりを払う僧侶ら=奈良県斑鳩町の法隆寺で2021年12月8日午前10時4分、菱田諭士撮影
師走恒例の「お身ぬぐい」で仏像などにたまったほこりを払う僧侶ら=奈良県斑鳩町の法隆寺で2021年12月8日午前10時4分、菱田諭士撮影

 聖徳太子が創建したと伝わる世界遺産・法隆寺(奈良県斑鳩町)で8日、仏像にたまった1年分のほこりを落とす師走恒例の「お身ぬぐい」があった。

 午前10時、古谷正覚(しょうかく)管長ら僧侶約10人が、釈迦(しゃか)三尊像や四天王像(ともに国宝)などが安置される金堂で読経し、作業を開始。竹の先に和紙を付け…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集