特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ホンダ熊本、守護神・片山先発 最大の武器さえ1失点完投 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京都(セガサミー)-大津町(ホンダ熊本)】七回表2死二塁の窮地を切り抜けた大津町の先発・片山=東京ドームで2021年12月8日、津村豊和撮影
【東京都(セガサミー)-大津町(ホンダ熊本)】七回表2死二塁の窮地を切り抜けた大津町の先発・片山=東京ドームで2021年12月8日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会第11日は8日、東京ドームで準決勝があり、大津町・ホンダ熊本は、東京都・セガサミーに2―1で九回サヨナラ勝ちした。これまで抑えを務めてきた守護神が先発のマウンドに上がり、完投勝利を引き寄せた。

 緊急登板とも言える先発マウンドは「公式戦では2018年の春以来」というが、大津町の右腕・片山雄貴は最高の投球でチームの期待に応えた。ウエートトレーニングで球威の上がった直球とフォークの組み合わせで要所を締め、完投勝利を果たした。

 毎回のように安打を許すも、本塁には還さない。「抑えではピンチで救援することが多い」とこれまでの経験を生かしてしのぎ続けた。久しぶりとは思えない先発でのマウンドさばきで1―0のまま、九回2死までこぎ着けたが、そこで初めて浮いたフォークを捉えられ同点弾を浴びた。しかし、ここも「逆転はされない」というリリーフの心構えで後続を断つと、4番・古寺宏輝のサヨナラ本塁打で白星が転がり込み、「うれしい気持ちでいっぱい」と喜んだ。

 大津町は準々決勝まですべて七回途中から抑えの片山に託し、勝ち抜いてきた。片山は九州2次予選からリリーフエース役を担ってきたが…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1351文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集