特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

セガサミー、「西田マジック」も2年連続ベスト4止まり 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京都(セガサミー)-大津町(ホンダ熊本)】九回表東京都2死、中川が同点本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月8日、滝川大貴撮影
【東京都(セガサミー)-大津町(ホンダ熊本)】九回表東京都2死、中川が同点本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月8日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会は第11日の8日、東京ドームで準決勝があり、東京都・セガサミーは、大津町・ホンダ熊本に1―2でサヨナラ負けした。初の決勝進出はならなかったが、幾多の修羅場をくぐり抜けてきた名将に導かれ、全国の舞台で躍動した。

絶妙な選手起用、東京ドームでも

 東京都の西田真二監督は現役時代、エースで4番だった大阪・PL学園高をはじめ、法大、プロ野球・広島で日本一を経験した。引退後は長年、独立リーグで指揮を執り、昨季セガサミーの監督に就任。すると昨年の都市対抗は4強、今季は日本選手権8強と全国大会で上位進出を成し遂げた。今季の新加入は選手1人とマネジャー1人。新戦力が大幅に加わったわけではないがベテラン、中堅、若手がかみ合い、チームが成熟しつつある。

 一発勝負が続く社会人野球で1点の重みを強く感じている西田監督が目指す野球は、先取点を奪うこと。至って単純で定石通りとも言えるが、だからこそ、時にはあっと驚くような采配を見せる。序盤でも…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1196文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集