特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東京ガス・相馬優人 もがいた2年目が大舞台でタイムリー 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(NTT東日本)-東京都(東京ガス)】三回裏東京ガス2死一、三塁、中前適時打を放ち、手をたたいて喜ぶ相馬=東京ドームで2021年12月8日、滝川大貴撮影
【東京都(NTT東日本)-東京都(東京ガス)】三回裏東京ガス2死一、三塁、中前適時打を放ち、手をたたいて喜ぶ相馬=東京ドームで2021年12月8日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会は第11日の8日、東京ドームで準決勝があり、東京都・東京ガスが東京都・NTT東日本を9―3で降し、初の決勝進出を決めた。昨年の悔しさを胸に臨む2年目の好打者が、大事な場面でしっかり仕事を果たした。

 「大事な場面で必ず一本出る」と励まされ続けたチームメートに報いる一本だった。3点リードの三回裏、2死一、三塁で、左打席に入った東京ガスの7番・相馬優人が捉えた打球は中堅手の前で弾んだ。今大会初ヒットは序盤の主導権をたぐり寄せる適時打に。2点差に迫られた五回にも、好機を広げる右前打でつなぎ、後続の追加点を呼び込んだ。一回の犠飛も含めて3打数2安打2打点。試合後は「チームに迷惑をかけていた。ほっとした」と表情が緩んだ。

 3年ぶりの出場ながら決勝に駒を進めた東京ガスの快進撃は、5番に座る加藤雅樹、正捕手の馬場龍星ら入社2年目の選手の活躍なしには語れない。山口太輔監督が「日本一になるため」…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文910文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集