特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

黒獅子の目

戦争と都市対抗の歴史を思う12月8日 野球への情熱、いつまでも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1946年8月4日付の毎日新聞朝刊。前日に行われた第17回都市対抗野球大会の開会式の記事で、広島市の鯉城園(広島軍)が「原子爆弾の廃虚の中から起(た)ち上がった」と記している=画像の一部を加工しています
1946年8月4日付の毎日新聞朝刊。前日に行われた第17回都市対抗野球大会の開会式の記事で、広島市の鯉城園(広島軍)が「原子爆弾の廃虚の中から起(た)ち上がった」と記している=画像の一部を加工しています

 準決勝2試合のあった8日は、80年前に太平洋戦争が始まった日だ。都市対抗も戦争と無縁ではなかった。

 1941(昭和16)年の第15回大会は中止。まだ戦局の良かった翌年、「戦意高揚に資する」として再開されたが、その後再び中止となった。戦後は、関係者の連合国軍総司令部への働きかけもあって、46(同21)年に復活を果たす。その時の様子が「都市対抗野球50年小史」に記されている。

 「焼け跡のがれきばかりが目立つ東京へ、選手はリュックサックにイモや米を詰め込み、作業服を縫い直したユニホームでやってきた」。「空腹と体力低下に悩む選手は満足なプレーができるのか。明日の食べ物さえない人たちが野球を見に来るのか」との不安は杞憂(きゆう)に終わり、「野球への情熱だけで復活した大会は見事に成功した」とある。原爆の落とされた広島市代表の鯉城園には、観客から大きな声援が送られたという。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文720文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集