特集

ニュース|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会の最新記事です。

特集一覧

次の1点いかに 東京ガス・無安打の馬場龍星が見せた粘り 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(NTT東日本)-東京都(東京ガス)】五回裏東京ガス1死満塁、馬場が中犠飛を放つ=東京ドームで2021年12月8日、前田梨里子撮影
【東京都(NTT東日本)-東京都(東京ガス)】五回裏東京ガス1死満塁、馬場が中犠飛を放つ=東京ドームで2021年12月8日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会第11日は8日、東京ドームで準決勝が行われ、東京都・東京ガスが、東京都・NTT東日本を9―3で破り、初の決勝進出を決めた。試合の流れを左右したのは、相手の14年目のベテラン投手と今大会無安打の捕手との対戦とみた。

 きれいな安打ではない。ただ、相手のベテラン投手を追い詰めるには十分な犠飛だった。

 東京ガスは四回に2点を返され、リードは2点に縮まった。次の1点をどっちがいかにもぎ取るか。そんな雰囲気で迎えた五回である。相手のマウンドには14年目で経験豊富なベテランの大竹飛鳥があがった。

 1死から加藤雅樹が大竹の武器であるフォークを見極め、…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文877文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集