歌舞伎 十二月大歌舞伎 所作美しい勘九郎=評・小玉祥子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「伊達の十役」。猿之助の政岡(左)と中車の栄御前=松竹提供
「伊達の十役」。猿之助の政岡(左)と中車の栄御前=松竹提供

 第1部は「新版 伊達の十役」(奈河彰輔補綴(ほてつ)・演出、石川耕士補綴・演出、市川猿翁演出、市川猿之助演出)。お家騒動物で猿之助が10役を演じる。序幕は、乳母政岡(猿之助)の忠義を描いた「御殿」と「床下」。猿之助は幼君鶴千代(幸一郎)のために、わが子千松(市川右近)を犠牲にした政岡の苦悩を息の詰んだせりふで描き出した。その後に松ケ枝節之助と仁木弾正に早変わり。巳之助の八汐に鋭さがあった。中車の栄御前。大詰(おおづめ)は大磯から鎌倉までの道中を猿之助が8役の鮮やかな早変わりで見せる「間書東路(ちょっとがきあずまの)不器用(ふつつか)」。道哲の踊りが軽妙。

 第2部は勘九郎の白拍子花子、尾上右近の白拍子桜子実は狂言師左近による「男女(めおと)道成寺」から。勘九郎が娘らしい愛らしさで、「廓(くるわ)づくし」の所作が美しい。右近は「恋の手習」での面を使った動きがたくみだ。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文799文字)

あわせて読みたい

ニュース特集