アマゾン、レジなし店舗を拡大 経済活動再開で人手不足懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米ニューヨークにオープンしたアマゾン・ゴーとスターバックスの協業店舗=スターバックス提供・共同
米ニューヨークにオープンしたアマゾン・ゴーとスターバックスの協業店舗=スターバックス提供・共同

 米アマゾン・コムがレジのない実店舗を増やしている。コンビニ「アマゾン・ゴー」とスターバックスとの協業店舗をニューヨークに開いたほか、傘下の高級食品スーパーにも導入する計画だ。米国では新型コロナウイルス禍からの経済活動の再開で人手不足が懸念されており、レジなし店舗に注目が集まっている。

 2018年から米国で展開するアマゾン・ゴーでは、自動改札のようなゲートにスマートフォンのアプリや登録済みクレジットカードなどをかざして入店すれば、棚から商品を手に取ってそのまま店の外に出ることができる。店内のセンサー…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

あわせて読みたい

ニュース特集