聴覚障害の学生、衆院選のアルバイト不採用に 函館市選管

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道函館市
北海道函館市

 北海道函館市選挙管理委員会が10月の衆院選で、投開票事務の学生アルバイトを募集した際、応募した市内の男子大学生(18)に対し聴覚障害を理由に不採用としていたことが9日、市選管への取材で明らかになった。

 障害者差別解消法は、障害を理由とした差別的取り扱いを禁じ、個々の障害の状態に応じて過剰な負担にならない範囲で筆談するなど必要な措置を取る「合理的配慮」を行政や企業に義務づけており、識者は「配慮が欠けていた」と指摘している。

 市選管によると、若年層に選挙に関心を持ってもらおうと8月に学生アルバイトを募集。この男子学生から9月下旬に、聴覚障害があることを明記した書類と共に応募があったという。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文695文字)

あわせて読みたい

ニュース特集