特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

初優勝、東京ガス・臼井浩 5年目エースに芽生えた自覚 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(東京ガス)】七回表を終えてベンチに戻る東京都の先発・臼井(右)=東京ドームで2021年12月9日、北山夏帆撮影
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(東京ガス)】七回表を終えてベンチに戻る東京都の先発・臼井(右)=東京ドームで2021年12月9日、北山夏帆撮影

 第92回都市対抗野球大会最終日は9日、東京ドームで決勝が行われ、東京都・東京ガスは、大津町・ホンダ熊本を6―5で降し、初優勝を果たした。初の決勝の舞台で先発マウンドを託したのは、今大会で絶対的な抑えの「守護神」を務めてきた5年目のエース。優勝が決まると、涙が止まらなかった。

 東京都には今大会の必勝パターンがあった。それは中盤以降でリードを奪えば、5年目のエース右腕・臼井浩(いさむ)を投入して逃げ切りを図る狙いだ。決勝までの4試合のうち2回戦を除く3試合のいずれも「抑え」で登板。失点はソロ本塁打1本のみという盤石ぶりが際立った。

 準決勝も6点リードにもかかわらず九回に登板させ、翌日の先発に誰を起用するのか注目された決勝のマウンド。山口太輔監督は大黒柱の臼井に託した。その期待に応えるように、7回1失点の好投。優勝をぐっと引き寄せた。

 臼井は今季、絶対的な存在に成長するために芽生えた自覚がある。5月のJABAベーブルース杯。トヨタ自動車との初戦で東京都の臼井が先発し、8回1失点と好投した。しかし、…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1140文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集