特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

パワフルなホンダ熊本 通算8本塁打に選手自身が驚き 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(東京ガス)】九回表大津町2死一、二塁、左越え3点本塁打を放ち拳を突き出す丸山=東京ドームで2021年12月9日、前田梨里子撮影
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(東京ガス)】九回表大津町2死一、二塁、左越え3点本塁打を放ち拳を突き出す丸山=東京ドームで2021年12月9日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会は最終日の9日、東京ドームで決勝があり、大津町・ホンダ熊本が、東京都・東京ガスに5―6で敗れ、初優勝を逃した。

 接戦を制し続ける原動力となった投手陣が攻略され、序盤から苦しい展開となった大津町。だが、パワフルな打線が全5点を本塁打で挙げるなど、終盤に驚異の粘りを見せた。

 4点を追う九回2死一、二塁。捕手で途中出場の丸山竜治は、2球目の直球をフルスイングした。当たった瞬間に分かる特大の当たり。東京都の左翼手も早々にボールを見送る3ランとなった。1点差に詰め寄ると、両チームのベンチや応援席は熱気を増した。

 強打者の風格漂う強振だったが、「長打とかそういうバッターじゃないので、何が起こったのか分からなかった」と丸山。「体が動かなくなるくらい過酷」という…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文825文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集