特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

秋田工、全国で輝け 男子駅伝、ラグビー 壮行会 /秋田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
生徒会長(右端)の激励の言葉を聞く秋田工ラグビー部(前列)と陸上競技部(後列)の選手ら=秋田市保戸野金砂町で2021年12月9日、猪森万里夏撮影
生徒会長(右端)の激励の言葉を聞く秋田工ラグビー部(前列)と陸上競技部(後列)の選手ら=秋田市保戸野金砂町で2021年12月9日、猪森万里夏撮影

 京都市内で26日に競われる男子第72回全国高校駅伝競走大会と27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する第101回全国高校ラグビー大会(いずれも毎日新聞社など主催)に県代表として出場する秋田工の選手の壮行会が9日、秋田市の同校体育館で開かれた。選手たちは同級生からの熱い声援を受け、全国大会に向けて士気を高めた。

 会では同級生ら約600人が集まった。「フレー、フレー、秋工!」と応援され、陸上競技部の野呂衿央(えりお)主将(3年)は「目標の8位入賞を達成できるよう頑張りたい」と意気込んだ。ラグビー部の柴田竜成主将(3年)は「春から鍛えてきたテンポの速いラグビーで(昨年越えられなかった)ベスト8の壁を越えたい」と決意を語った。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文499文字)

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集