特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

亡き区長の遺志を継ぐ 「1・17」慰霊の竹筒作り 京都・京丹後

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
慰霊の竹筒作りをする住民たち=京都府京丹後市弥栄町木橋で2021年12月9日午前8時10分、塩田敏夫撮影
慰霊の竹筒作りをする住民たち=京都府京丹後市弥栄町木橋で2021年12月9日午前8時10分、塩田敏夫撮影

 阪神大震災の犠牲者のため、慰霊の火をともす竹筒作りが9日、京都府京丹後市弥栄町木橋区の住民ら15人の手で行われた。木橋区長を務め、一人で続けた亡き吉岡功光さんの遺志を継ぎ、2021年で11回目の取り組みとなった。神戸市で開く「1・17のつどい」に届ける。

 阪神大震災が発生した時、吉岡さんは旧弥栄町(現在の京丹後市)の…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集