日大、田中前理事長に退職慰労金など支払わず 学長、決別を宣言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本大学は10日、所得税法違反(過少申告)容疑で東京地検特捜部に逮捕された前理事長の田中英寿容疑者(75)らの事件を受け、記者会見を開いた。理事長を兼務する加藤直人学長は、田中前理事長らによる専横な支配体制があったことなどを謝罪し、「田中前理事長と永久に決別し、影響力を排除する」と宣言した。田中前理事長には役員報酬や退職慰労金などを支払わないことも明らかにした。

 背任事件の関係先として9月に最初の家宅捜索を受けて以降、日大が公の場で説明するのは初めて。加藤学長は「家宅捜索、逮捕、起訴と立て続けに起こり、綿密な調査が必要だった。会見が遅くなったことを心よりおわびする」と述べた。田中前理事長の逮捕は「前代未聞の出来事」とし、「今後一切、大学の業務に携わることを許さない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文839文字)

あわせて読みたい

ニュース特集