特集

新疆ウイグル問題

中国・新疆ウイグル自治区で深刻な人権抑圧が続いています。現地で何が起こっているのか、世界の目が向いています。

特集一覧

監視技術輸出管理の多国間枠組み発足 民主主義サミット閉幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
民主主義サミットの閉幕後、記者の質問に答えるバイデン米大統領=ワシントンで2021年12月10日、AP
民主主義サミットの閉幕後、記者の質問に答えるバイデン米大統領=ワシントンで2021年12月10日、AP

 バイデン米大統領主催の「民主主義サミット」は10日、閉幕した。日本や台湾、欧州主要国などがオンライン形式で参加し、2日間にわたって報道の自由や法の支配、人権などの重要性を確認した。閉幕にあたり演説したバイデン氏は「我々が交わした誓いは専制主義を押し返すだけでなく、世界中に民主主義の花を咲かす豊かな土壌を提供することになる」と強調した。

 また、バイデン氏は、中国が国際社会で影響力を増していることを念頭に「民主的な価値観を共有する全ての人々と協力し、21世紀の発展を決定づけるルールを形成していく」と表明。「自由を希求する火は世界のあらゆる地域で燃えており、専制主義が消すことは決してできない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1025文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集