特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

阪神大震災の犠牲者銘板に6人加わる 総数は5029人分に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
母と姉の銘板を取り付ける増田潤さん=神戸市中央区で2021年12月11日午後2時24分(代表撮影)
母と姉の銘板を取り付ける増田潤さん=神戸市中央区で2021年12月11日午後2時24分(代表撮影)

 1995年に起きた阪神大震災の犠牲者らの名を掲げる「慰霊と復興のモニュメント」(神戸市中央区)で11日、新たに6人の銘板を加える式典があった。銘板の総数は5029人分となった。

 新たに加わった増田悦子さん(当時71歳)と長女の美紗子さん(同47歳)は、兵庫県芦屋市の木造2階建て住宅が全壊し、家屋の…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集