特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「冬の運転も安心」 三陸沿岸道路、全線開通前に住民見学ツアー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の被災地を走る復興道路「三陸沿岸道路(三陸道)」が18日に全線開通するのを前に、岩手県野田村で11日、住民約100人が道路を歩く見学ツアーが開かれた。震災から10年余が経過し、仙台市と青森県八戸市の全長359キロがようやく一本の道でつながる。住民らは普段は徒歩で立ち入れない自動車専用道を一歩一歩踏みしめ、復興を実感していた。

 18日には残る岩手県久慈市―普代村の25キロが開通する。野田村は同区間の中間にあり、参加者はバスで三陸道に移動し、道路を歩いた。橋に差しかかると、並行する三陸鉄道の車両が太平洋を背景に走るのが見え、記念撮影も楽しんだ。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文477文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集