特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

聴覚障害で選挙アルバイト不採用 学生「ひとくくりにしないで」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
不採用とされた時の心情などを語る男子大学生(右)と父親=北海道函館市で2021年12月12日午前11時56分、真貝恒平撮影
不採用とされた時の心情などを語る男子大学生(右)と父親=北海道函館市で2021年12月12日午前11時56分、真貝恒平撮影

 10月末の衆院選の際、北海道函館市選挙管理委員会が聴覚障害を理由に投開票事務の学生アルバイトを不採用とした問題で、採用を断られた男子大学生(18)と父親(52)が毎日新聞の取材に応じた。親子は、市選管に改善策を求める意見書を提出した意図について「障害を持った人をひとくくりにせず、多様性があることを理解してほしかった。この問題が障害への理解を広げるきっかけになれば」と話している。【真貝恒平】

 男子学生は4月に道外の国立大に入学したが、新型コロナウイルスの影響で授業がオンラインとなり、実家のある函館市内で暮らす。大学では自身の経験を生かし、障害により情報を収集できない人たちに代替手段を使って伝える「情報保障」を学んでいる。アルバイトに応募したのは「初めて投票する選挙でもあり、障害のある有権者に選挙情報をどう伝えるべきか、興味があった」と語った。

 聴覚障害は生まれつきで、補聴器を付ければ聞き取りは可能で対面なら会話も十分できる。ただ、…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1205文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集