特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

女子県代表・常磐、都大路へ壮行会 並木主将「感謝の気持ち 結果で」 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
壮行会で塚越貴之校長(壇上右)から激励を受ける選手たち(同左)=群馬県太田市の常磐高体育館で2021年12月13日、川地隆史撮影 拡大
壮行会で塚越貴之校長(壇上右)から激励を受ける選手たち(同左)=群馬県太田市の常磐高体育館で2021年12月13日、川地隆史撮影

 26日に京都市・都大路で開かれる「女子第33回全国高校駅伝競走大会」(毎日新聞社など主催)に県代表として出場する常磐の壮行会が13日、太田市の同校体育館で行われた。

 昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で選手や教員のみが参加したが、今年は3年生240人が体育館に集まった。塚越貴之校長は「コロナ禍で思うように練習ができない中での県大会優勝だった。皆さんの走りで希望と勇気を与えてください」と激励した。

 常磐の都大路出場は4年連続21回目。10月の県大会では、全5区間で区間賞を獲得した。主将の並木美乃(3年)は「目標は8位入賞。感謝の気持ちを結果で表したい」と意気込んだ。【川地隆史】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集