特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバンの支配下で

母「神に祈るしか」 栄養失調の子供急増、迫る冬 アフガンは今

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 真冬が迫る12月初旬のアフガニスタンの首都カブール。標高約1800メートルの街に冷たく乾いた風が吹きすさぶ。最低気温が氷点下となる日もある。

 中心部の「インディラ・ガンジー小児病院」で、生後約3カ月のムハンマドちゃんが母ナジバさん(25)に抱かれていた。目に力がない。「この子が救われるよう神に祈っています」。ナジバさんが言葉を詰まらせた。

 出生時に4000グラムを超えていた体重は今2800グラム。生来の心臓疾患と栄養失調が原因だ。「8月を境に生活が一変しました。会社員の夫に給料が支払われず、必要な薬や十分な食べ物を買えないのです」

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1069文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集